1. TOP
  2. カリキュラム
  3. カリキュラムについて

カリキュラムについて

カリキュラムの概要

カリキュラムのテーマ

「首都・東京をフィールドに学ぶ
~江戸・東京そしてTOKYOへ“伝統”と“革新”が共存する、
首都・東京の豊富な資源を最大限活用したカリキュラム~」

選択科目「プログラム科目群」を設け、「東京・都市」をテーマとした多様な科目を開講するなど、東京をフィールドに、その理解を多角的に深めることができるカリキュラム構成とするとともに、カレッジ生の幅広いニーズに応える多彩な「教養科目」等も学ぶことができる、充実したプログラムです。

主な特徴

独自の幅広いカリキュラム

東京都立大学プレミアム・カレッジ専任の教授陣や東京都立大学の教員などにより、独自のカリキュラムを提供します。
授業はそれぞれ内容や構成をカレッジ用に構築したものになっています。

多彩なフィールドワーク

教室内での講義に加え、現場で、「五感で理解」することを重視します。東京都などとの緊密な連携関係に基づき、 都政の広大な施策の現場を活用したフィールドワークを、授業に積極的に盛り込んでいきます。

カリキュラムの基本情報

  • 1年を「前期(4月~7月)」、「後期(10月~3月)」に分け、授業を実施します。
  • 必修科目は全員が履修しますが、それ以外の科目(選択科目、アディショナル科目)は、自身で希望の科目を選択し、事前に登録をした上で履修します。
  • アディショナル科目には、夏季休業中などに実施する「夏季・春季等集中講座」もあります。
  • 修了するには、一定の要件(修了要件)があります。

カリキュラムの構成

カリキュラムは、大きく「必修科目」「選択科目」「アディショナル科目」の3つに分類されます。「必修科目」はカレッジ生全員が履修する科目で、前期・後期のゼミナールなどにより構成されています。「選択科目」「プログラム科目群」「教養科目群」という2つの分野で構成されます。それぞれ受講する科目を選んで履修するもので、一定以上の選択科目を履修することが修了要件となります。「アディショナル科目」は、履修が修了要件にはならないものの、東京都立大学の全学部生に開放されている全学共通科目を一部受講することができる「科目等履修」のほか、パソコン技術、その他夏季・春季等集中講座などバラエティに富んだ科目を、カレッジ生の選択により受講することができるものです。

カリキュラム構成概要

必修科目 アディショナル科目 選択科目
教養科目群 プログラム科目群
  • 202020年度イベント申込